玉子の韓国生活ブログ

韓国蔚山で暮らす日本人妻のブログです^^

はじめての韓薬・こぼれ話

先に、「はじめての韓薬」という記事を前後編に分けて二つ投稿しましたが、いろいろと書ききれなかったことがあるので、自分の備忘録もかねてこちらに少し書いていこうかと思います^^

こういう形式なら、また後で思い出したときも追加しやすいですし(笑)

さて、まず写真を一枚…

f:id:yuzi_tama:20220518153906p:image

【服薬指導書のメッセージ】

これは、2箱目のお薬をもらって来た時に、また箱に入っていた服薬指導書です。
同じ薬だから同じように飲めばいいんだろうと思っていたし、見た目もほぼ同じに見えたので、特に読んだりしなかったのです。

ところが、「もう全部飲んだし捨てるか?」と思ったときに、最後に一度見ておこう…と目を通してみたところ、内容が少し違ったのです。

上の赤い字より上、下の青い字より下は同じでしたが、その間にある内容が違いました。ざっくり和訳するとこうです。

『~~~様、苦い韓薬をお召しになりお疲れ様です。
今回のお薬をお召しになり、もう一箱お召し下さい。
(残り一日分ほどになったらご連絡下さい。)
ストレスを受けず、お母様とお父様と旦那さんと
時間があれば沢山お話しして下さい。
軽い運動をされるのも結構です。(但し、決して無理はしないでください。)
早く寝て、十分に睡眠を取って下さい。
常にきれいなものを見て、良いことを考えて下さい。
いつもスマイルです。』

最後の「いつもスマイルです。」を読んだら、外国人の私にも親切に接して下さった韓医院の先生のお顔がパッと思い出されました。
してみると、ここに至るまでの内容も、診療時に先生が私に話して下さったことだと思い当たりました。

特別変わった内容ではありませんが、一人一人の患者に個別にこのような文章を用意して下さったことに、これは先生が私個人へ下さったお手紙のようなものだと随分遅れて気がつきました。
捨てちゃう前に目を通してみて良かったㅠ

何かの折には、またご挨拶に行くなり、韓薬処方をお願いするなりしたいなと思いました^^

 

【服薬中に食べられないもの】
前の記事でも書きましたが、韓薬を服用している時に摂取してはいけないもの、避けた方がいいものというのがあります。
それは、薬の種類や患者?の状態・症状により違うのではないかと思ったのですが、「一般的に、韓薬服用中に摂取できないもの」をいま把握している範囲で書いておこうと思います。
・お酒、たばこ
・小麦粉食品
・豚肉
この辺りは特に代表的で、近所で買い物する時に「いま韓薬を飲んでいて」ということをチラっというだけで、「じゃあパンは食べられないね」とか、「このシリアルは小麦粉を使用していますよ」とお店の人が言ってくれたりするほどでした。
肉については認識が少し曖昧なのですが、“豚肉のような脂の多い肉”と書いてあると「じゃあヒレならいいのかな?」とか、“チキンを避けろ”と書いてあると「なぜ“鶏肉”と書かないのか。もしかしたら韓国の有名な食べ物であるヤンニョムチキンやフライドチキンはダメで、それ以外の鶏肉はOKなのか」、さらに「牛肉や鴨肉や羊肉はいいのか」など気になるところで、今回は突き詰めなかったものの、今後もアンテナを張って少しずつ情報を集めるようにしたいなと思っています。

 

【体重の話】
こちらはTwitterに出したこともあることなんですが、薬が飲む人の身体に合っていると、飲んだ人の体重が少し増えることがあるそうです。
私はといえば、そもそも韓国に来てからずっと一定の割合で体重が増え続けて危機感を覚えているのですが(^^;、
薬を飲んでいる間体重増加がスピードアップしていました!
お酒も肉もお菓子も気楽に食べられなくて、口に入れるものの全体量が減っているにも関わらず、です。
運動量は薬を飲む前後で変わらず。不思議です。
あの薬、実はすごくエネルギー量があるものなんだろうか。
それともまた別のことなんだろうか。
とりあえずそんな説と、今回私に起きた実際の現象の話でした。

 

【その他韓薬服用体感(効果)】
・朝起きやすくなった気がする
・昼寝しないで活動できる(昼寝頻度が減った)
・辛いものを食べると汗をかくようになった

辛いものを食べて汗をかくなんて当然のようですが、実は「辛い!熱い!口が痛い!食べれない!」ということはあっても、汗をかくってことはあまりなかったのです。

(汗かきの夫が毎度目の前で「タオル持って来てー!」と叫んでいても…)

薬を飲み終わってみると、なんだか、辛いものを食べた時に、鼻頭や額やこめかみあたりにうっすら汗をかくようになった気がします。

 

【金額の話】
今回飲んだ韓薬が一箱25万ウォン(最近為替が安定しないのでアレですが、ざっくり約2万5千円くらいを想像してみて下さい)で、たっかいなー(゜o゜)!!と思った話を書きましたが、実は同時期にお義母さんも韓薬を飲んでいて、お義母さんのお薬はもっと高いのだという話をご本人から聞きました。

人も症状も違えば薬も違い、お値段も違うのは当然ですね。。しかし、もっと高いこともあるとなると、なんだかため息が出る思いです(^^;

 

【食事の30分後に飲むこと】
服薬指導書に“食事のあと30分後に飲むこと”とありましたが、これ微妙に飲みづらいですよね。忘れそうで。
それで初めの頃横着して、ご飯を食べた後すぐに飲んでみたりしたことがあったのですが、結構高確率でお腹が痛くなりました。
味がかなり苦いせいか、胃腸がきゅ~っとよじれるような感じがして…
そうすると、食べたものも薬も全部吸収出来ずに無駄になってしまいますので、それに気付いてからはよくよく気を使って、お腹がいっぱいの時ではなく、少しこなれた頃に飲むようにしました(^^;

 

【初回の先生の話】
・心臓が少し弱いです。
・皮膚(肺)も少し弱いです。
・胃腸(脾胃)も少し弱いです。
(残りは肝と腎だよ…)

・感情の起伏を緩やかにすること。怒ること、悲しむことはもとより、喜び過ぎ、はしゃぎすぎもNGです。
・動きも緩やかにして、急に動いたり、激しい運動をしたりはしないで下さい。(朝と夜に10分ヨガをやってる<ぜひ続けて下さい。)
・ペットは飼わずに、遠くから見て愛でて下さい。
・食事はよく噛んで、適量を食べて下さい。

このアドバイス、それぞれ心・肺・脾胃に関することでしたね…。

 

いろいろ書いて、読むには少し長いしまとまりがなかったかも知れませんね(^^; また何か思い出した折には少しずつ追加していこうと思います。


【最後に】
さて、今回話題とした韓医院は、義実家がよく利用する医院なのですが、韓医院は他にも近所でいくつか見かけたことがあります。
しかしその中から、今回の医院を選ぶ理由は、先生やスタッフがとても親切にしてくれるからだそうです。
逆に見れば、韓医院ならどこでも同じように温かく親切にしてくれるというわけではなく、多少不親切なところもあるしそもそも相性もあるということかと思います。
このように安心して身を任せられる医院に出会えたこと、お義母さんや夫がそこに連れて行ってくれたことに、感謝したいと思います。

はじめての韓薬(2/2)

韓薬ブログ後半です^^ 始めに、前半にも載せた指導書の写真を載せておきますね。

f:id:yuzi_tama:20220514155432p:image

今回は日本から韓国に来て最初の一年を過ごした私が、どうにも周囲の人々より寒がっていて実際身体が冷えて体調が悪いということを問題にし、「身体を温めて元気が出る」という処方にしてもらいました。

指導書の内容を細かくご覧になった方はすでにお分かりかと思いますが、服薬中食べてはいけないもの、避けた方がいいものというのが沢山あります。

正直、私一人で暮らしていて、毎日日本食を食べられるなら出来ないことはありません。毎日三食お米の食事でもOKな人です。

しかし今は夫がいます…
そして、食べられないものの中で特に困ったのが、「豚肉、小麦粉、辛いものはNG」ということです。
韓国の食べ物は赤くて辛いものがすごく多い!
豚肉は我が家の食肉のなかでもっとも頻繁に食べるもの!
小麦粉がダメだと、大部分の麺類と小麦粉によるお菓子も食べられない!

タバコはもともと吸いませんが、お酒もダメなので、人のお酒に付き合って少量ということも出来ないし、たまに外食したいなと思っても行けるところがほぼないなって思いましたㅠㅠ

それでも2週間くらいは結構耐えたんですが、4週間やってるともう「食べるものがないな」という気持ちになってきました。

一つの策として、サルグクスというお米を原料にした麺のインスタント麺を買ってきて、夫がチャパゲティやラミョンを食べている時私はサルグクス、ということをやったりしていました。

さらに、まさにこれはチートっていうのだと思いますが、時々「今日は一回薬お休みして肉食べてお酒も飲もう!」ということもやったりしました。
それは夫に言われたことで私にはよく分かりません。アリなのか、アリじゃないのか…
しかし今のところは、韓薬についてより詳しいのは夫なので、そんなチートもやってみたりしました^^;

さらに、韓医院からは「3クール飲め」と言われた薬ですが、これまた夫に「韓薬は強力だから、3クールも飲んだらダメ、2回で終わりにしよう」と言われて、今回の韓薬服用は5/13で一旦終了しました。

 

効果はどうだったのかといえば、そうですね、
なんとなく元気になったような気もするし、冷えが和らいだような気もします。
でも、ちょうど時期が4月~5月でしたし、韓国に来て1年をまたいだところで環境への慣れもあるし、最近少しだけ韓国語力が伸びたおかげで日々のコミュニケーションが全体的に楽になって、ストレスが減って心も身体も楽になった部分はあると思います。
そもそもこういうものは一つの要素ではなく、複数の要素が合わさって総合的に結果がもたらされるものかなとも思いますので、仕方ないというか…
これでいいのだ、という気もします。

f:id:yuzi_tama:20220514155440j:image

最後に、韓薬の箱に良いことが書いてあったので載せておきます^^
韓国語のほかに漢字と英語もありますので、意味は本文には書きません。
7番よ…私は沐浴(湯船につかること)したいよㅠ

韓国では、沐浴は日常的・一般的ではなく、シャワーで済ませることが多いようです(そして我が家には浴槽がありませんㅠ)。

それと、受診時、妊娠を考えているという話を先生にしたので、薬をもらうときに「このお薬は妊娠しても飲める薬ですよ」とはっきりおっしゃっていました。

なので、『薬によっては妊娠&妊娠継続に不適切なものがある』ということ、また一方で『妊娠中や妊娠を望む場合にも飲める処方は出来る』という二つの事実は大事なことだと思います。

 

後半特に文字が多くなりましたが、最後まで読んで下さりありがとうございます^^
また次の記事でお会いしましょう♪

はじめての韓薬(1/2)

渡韓前にどこかで聞いていた「韓薬」というものを、渡韓約1年にしてなんと自分が飲むことになりました(@_@)!!

韓薬は韓国の伝統的なお薬です。

きっちり調べた訳ではありませんが、中国の中医学に端を発し、日本においては“漢方”として発展したものが、韓国では“韓薬”としてこれも土地に根付いたものと私は捉えています。

“韓医院”という日本でいうところの漢方薬局のようなところへ行って、先生の質問に答え、その他いろいろとお話をし、両手首で脈を診られたようです。

コロナ禍なのでマスクをしていて、舌診はありませんでした。
しかし顔色だとか、髪とか目とか、声の調子とか、脈をとっている手の温かさとかも見られていたのではないかなと思います。

診察の翌日、このように薬を処方されました↓

f:id:yuzi_tama:20220514143658j:image

これで、一日三回飲んでの二週間分になります。

これがなんと25万ウォンもした(◎_◎;)

保険適用でない場合の漢方も高いですが、韓薬も高い!!

薬の形態は?というと…

f:id:yuzi_tama:20220514143706j:image

粉かな?丸薬かな?といろいろ想像していましたが、液薬でした。

1回分が100mlくらいだったかな?
味がよく分かる形態ですよね(^^;
先生には「とっても苦いですよ~」と言われ、夫やシオモニ(義母)からは「飲んだら口直しに飴でも舐めなさい」と言われました。
ところが実際飲んでみると、確かに何とも言えない苦さなんですが、あと味が甘かったんですよね。
おかげで口直しの飴も必要ありませんでした。

日本人として、「良薬は口に苦し」という基本概念を知っていたし、なんやかやと言っても「その時身体に合うものは意外と大丈夫(おいしかったりもする)」ということかなと、勝手に想像していました。

 

f:id:yuzi_tama:20220514143719p:image

↑こちらは、薬の箱に入っていた“服薬指導書”です。
集中して読めば8割くらいは分かるのですが、毎度集中するのも疲れるので脇に日本語でざっくり書き出しておきました。

あと二箱飲めと書いてあります…なんということでしょう!
一箱が25万ウォンで、二週間分なのに!
三箱も飲んだら75万ウォンかかって、6週間も飲み続けないといけないんですㅠ
自分ではなかなか、飲もうという気になれないですね…今回は夫とシオモニが私の体調を気遣って韓医院に連れて行って(連行してw)くれたのです。
6週間飲み続ける、「不味い」以外のしんどい理由は別途書いていきますね(^^;

 

と、最後まで一気に書こうと思っていたのですが、なんだか長すぎるような気がしてきたので前後2回に分けることにします;;

後半もどうぞ、お楽しみに^^

 

文房具の話

文房具、好きな方です^^

高いのが好きというわけではないですが、自分の気に入るものをこだわって選んで使いたいのです。

日本から韓国に来るときも、お気に入りのペンの替え芯まで持ってきました。

替え芯を使っている間に、韓国で新たに気に入る文房具を見つければ良いと思ってた。

 

でも、1年暮らしても見つからなかったんですㅠ

あまり、いわゆる市街地に出ていませんので、ある所にはあるのかもしれませんが…

 

でも、勉強するにも日記を書くにも、気に入ったペンがないと不便なので、しばらく迷いましたが結局韓国の通販で日本の製品が買えるのを知って買ってみることにしました。

f:id:yuzi_tama:20220402175413j:image

HI-TEC-C COLETOの5本用ボディと替え芯です^^

ハイテックのカラーボールペンには、中学生くらいから大変お世話になりました。

当時は単色ペンが基本で、選り取り見取りの色・太さの品揃えに、女子中学生のペンケースははちきれんばかりになっていたものです。

最近はどうなのかしら。

単色ペンはボディからもインク色が見えますので、それはそれで楽しいのですが、「多色ペンボディに芯を入れ替え」ということがハイテックでも出来るようになり、ずいぶんスマートになったものです。


f:id:yuzi_tama:20220402175408j:image

ハイテックのボールペンはペン先が細いので、机から落下させるとよくつぶれて書けなくなってたな~って思います。

でも…

今はそういうことがないのはなぜだろう。

机からペンを落とす機会も減ったし…

よく見たら、ペン先の細い部分の長さが短い感じがする!

商品改良もされたってことなんですかね。

 

実はこのボディと芯を購入したのは3月末なのです。

その時、何か書こうと思って写真を撮っておいたのですが、今まで放置してしまって…

そしたら、なんと昨日、ブラックインクが先頭を切って1本なくなってしまいました(@_@)!!

満遍なく使うようにしていたのですが、最近テキスト本文の書き写しに黒を使った際、一気になくなってしまったようです。

買ってから、2ヶ月もたないんだ(T_T)早くない?

他の色も残り少ないし、ベーシックでないピンクと紫は1本ずつしか買わなかったのでうちの在庫がありません(T_T)

 

そろそろまた次の注文しようかな。

そしたらまた、ベーシック色と、きれいな色を試しに少し、買ってみたいなって思います。

お弁当用スジョケース買いました^^

なんと、前の投稿からちょうど一ヶ月経ってる(^^;

 

お弁当用の“スジョセット”および“スジョケース”を買いました^^
“スジョ”は、匙(スプーン)である“숟가락(スッカラッ)”と箸である“젖가락(チョッカラッ)”を合わせた言葉で、ナイフやフォークが言葉の中には含まれていませんが、『カトラリー』的なことかと思います。

私が勝手に造った言葉じゃないですよ(^^;

日本では食事をするとき箸だけ使うってことが多いと思いますが、韓国では匙と箸が基本セットで、匙がないと不便みたいです。
なんでそうなのか観察しているのですが、たとえば汁物はどうも匙で食べるみたいです。

それと、韓国のスジョは基本的に割と長いし、家の中で、男物・女物・子ども用で色やサイズが違うとか、これは誰のって決まっていることがあまりないようです。
(それどころか柄合わせも気にしないふう)
(子ども用くらいは、家庭によっては分けているかもしれません…手に合わず大きいと持ちにくいはず)
(しかも金属製でちょっと重くて、箸は凹凸が少なく扁平なので、持ちにくいし食材を掴みにくいです)

まぁ話を本筋に戻すと、日本の感覚でいると、スジョがどれもちょっと長めであるように感じます。(ペンと比べてみて下さい)

 

f:id:yuzi_tama:20220502183356j:image


先日夫氏のミニ弁当を玉子ザーサイ炒飯にしたことがあり、炒飯ではなおのこと匙が欲しいだろうと思ってお弁当バッグに入れてはみたものの、
・普段使いの匙(写真最上段)は長すぎてバッグの中でおさまりが悪い
・ケースがあると良き
と感じたので、
炒飯弁当の頻度は多くはないのですが、「あの時気付いたのになぜ買っておかなかったんだろう」という後悔を避けるためにこれらを買ってきました(笑)


写真下段(ペンの上)は蓋つきケースのスジョセット。
お弁当袋に入れるのにちょうど良い、少し短めのサイズです。
その上は、普段使いのスジョを入れられる大きめサイズのスジョケースです。
2組以上入れるとき(ピクニック的シーンを想定)は、お弁当も小さいバッグでなく、そこそこ大きなバッグに入れるだろうと想像しました。これで、いつもの匙と箸も生きる^^

ジッパー付きポーチっぽいケースもありましたが、使って汚れたスジョを入れたらどうなるのか?
きれいにするのがすっごく面倒な気がしました。
職場で洗って乾かしてから戻せるんならいいけどね。
そうでなければ、こういう洗いやすそうなケースが良い気がします。


外でお弁当など食べるときは、使いきりの箸やスプーンを使って、終わったら捨てちゃうのが楽かもという気もしますが、どうも心は楽じゃないので、まぁ場合により、選べるようにしておけばいいのかなと思います。


本来の目的とは別に、お弁当スジョセットのスジョが、ちょっと短いのがかわいくて、自分にサイズも合っているような気がして見ていると嬉しくなります^^

私が使う用じゃないんだけどね~~

桜もっと咲いた

桜がかなり咲いてきました^^

f:id:yuzi_tama:20220402164920j:image

近所の大学構内にて。


f:id:yuzi_tama:20220402164918j:image

なじみ深い桜という花を、韓国に来ても間近に見られて、

なんというかとてもほっとしますね^^

懐かしい友に会えたような安心感。

 

いま九分咲きというところで、蔚山では今週末が見頃となりそうです。

ソウルとかではもう少し後かも。

桜祭りで有名なチネはもう満開でしょうね。

 

暖かくなって、明るくなって、日も長くなって、ありがたい。

4月になれば、こんな感じなんですね。

 

ところで、レンギョウ(ケナリ)もかなり随所で見かけますが、手入れ(剪定)されているところは少なく、ぼうぼうに伸びているところが多いです^^;;

なぜ…

それが韓国のスタイルなのかな…はっは…

f:id:yuzi_tama:20220402170048j:image

ま、いっか。

韓国の桜も開花

桜咲き始めましたぁ^^

f:id:yuzi_tama:20220323162200j:image

撮影したのは3/23(水)です。

 

よく見ると分かりますが、ソメイヨシノじゃないですね。なんか、花びらが小さくて、山桜みたいな感じ。

まだ見ていないので定かではありませんが、韓国だからソメイヨシノがないというわけではなく、日本と同じように、ソメイヨシノよりも早く咲く種類の桜があるということだと思います。

ソメイヨシノが咲いているのを見かけたら、きっとまた投稿するんじゃないかな^^

 

コロナ禍じゃなかったら、鎮海(チネ)の桜祭りや、慶州方面にあるという桜の名所にも行ってみたいのですが…まぁそれは後々。

暖かくなってきて、春分を過ぎて日も長くなってきて、嬉しい限りです^^